スキップしてメイン コンテンツに移動

MCP 070-432を受けてきました

MCP070-432(TS: Microsoft SQL Server 2008, Implementation and Maintenance)を受けてきました。
実はセカンドチャンスを利用した、二回目の受験でぎりぎりで合格できました。

70-431(SQLServer2005版)の参考書を借りて勉強し、
SQL Server 2008 自習書シリーズ
「SQL Server 2008 の注目の新機能をイチ早く試してみよう!」を利用して、
新しい機能を覚えていきました。
ある程度SQLServerを触ったことがある人であれば、
これだけで合格できるかなって思いました。

自分が一発目受けたときは70-432の日本語の参考書がなかったのですが、
今調べて見たらどうやらもう参考書が販売されてるようですね。


MCP教科書 SQL Server 2008 (試験番号:70-432) (@Amazon)


自分はこの参考書を見てないのでわかりませんが、
70-431をやった限りでは2割程度しか問題として出力されていない気がしました。
なのであくまで参考書といった本ではないでしょうか。
(過去問としては頼れず、SQLServerを勉強するためものという意です)

試験を受けた感じで思ったのは、
こういうことをしたいが、どうやれば実現できるかといった問題が多かった気がします。

覚えてる限りでは、
・(WindowsPowerShell)ジョブが失敗したときに、
 メールを送信したいときはどうするか?
 (ジョブが失敗したときの、メール送信は二回とも複数問題出ました)
・SQLServerAgentでエラーが発生したときに、どのログを見ればいいか?
 (同様にデフォルトのトレースログの確認も出ました、2問程度)
・パフォーマンスの確認方法は?
 (キャッシュヒットが低いときに、パフォーマンスログのどの項目を見ればいいか?
  ユーザのセッション数を確認したいときは、どの項目を見ればいいか?
  2問程度)
・プロファイラの権限を制限したい場合、どのようにすればいいか?(1問程度)
・フェールオーバークラスタリングを確認するにはどうすればいか?(1問程度)
・VirtualEarthについて(内容を失念、二回受けて二回とも出ました、1問程度)
・透過的暗号化について(内容を失念、二回受けて二回とも出ました、2問程度)
・リソースガバナについて(内容を失念、二回受けて二回とも出ました、1問程度)
てな感じです。

とりあえず、結果的に受かってよかった♪

コメント

このブログの人気の投稿

Excelのマクロの差分もGitHubみたいに見たいよね

なんやかんやでまだ残っているExcelマクロ。修正したはいいが、差分が・・・。 Google先生に聞いてみるとWinMergeでできるらしいが、なぜかうまくいかない。 そう、WinMergeもExcelもバージョンが新しくなっていたのでうまくいかなかったみたい。前提は
Excel 2013WinMerge 2.14.0-jp63 over です。以下差分を確認するための手順です。WinMerge をインストールここから WinMerge の2.14.0-jp-63 より新しいバージョンをダウンロード画面に従ってぽちぽち押していけばいい。ただし・・・このときに必ずカスタムインストールで プラグイン にチェックを入れること!!(このプラグインを利用します)WinMerge のプラグインの設定変更(やらなくてもOK)WinMerge を起動プラグイン → プラグインの設定 → CompareMSExcelFiles.sct をダブルクリック”ワークブックの情報を複数ファイルに展開する” にチェックを入れるExcel の設定変更ファイル → オプション → セキュリティセンター → セキュリティ センターの設定 ボタンを押下マクロの設定 を選択”VBA プロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する” にチェックを入れるWinMerge で差分を表示するWinMerge を起動して、比較したいファイルを二つ選択するプラグイン → 展開プラグインの選択 → ファイル展開プラグイ に CompareMSExcelFiles.sct を選択して OK ボタンを押下する各シートの差分と合わせて、*.bas の形式でマクロの差分が表示される(はず)

間違ったフォーマットのプログラムじゃないんだけど

以下エラーに対し、 ファイルまたはアセンブリ 'SSPI'、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした。間違ったフォーマットのプログラムを読み込もうとしました。 以下環境で対応した話です。 VisualStudio2012(C# ASP.NET MVC4.0)IIS7.5とあるところのdllを使用中

ASP.NETをIISに発行しようとしたら、上記エラーが発生。 他のプロジェクトでは問題なく発行できているのに、
何かと思ってみたら、google先生に尋ねてみると、
DLLファイルの対象プラットフォーム(32bit/64bit)が異なる とのことでした。
このサイトでは対処方法として、 運用環境のプラットフォームに合わせ、適切なランタイムファイルを配布してください。 と記載されていますが、今回の私のようにとあるところのdllを使用している場合などは、
そうもいかない場合もあるでしょう。
そこでdllを変更できない場合には、 IISのアプリケーションプールの設定で、 32bitアプリケーションを有効化してあげることで対応できます。
以下手順です。 コントロールパネル → 管理ツール → インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー を起動します。
変更したいアプリケーションを右クリックして、詳細設定を選択します。 32ビットアプリケーションの有効化をTrueに変更します。 もう一度発行します。 ここまでです。
簡単だけど知らないとなかなかはまるかなって気がしますね。 独特のくせなのかもしれません。 そして、次なるエラー発生中です・・・。

SQLServer2008でのトランザクションログの切り捨て方

SQL Server 2008でとあるDBのトランザクションログが一杯に。BACKUP LOG DatabaseName WITH TRUNCATE_ONLYを使ってトランケートしようとしたら、'TRUNCATE_ONLY' はBACKUP オプションとして認識されません。との冷たい返事。2008で廃止されていたのを忘れていた。 SQL Server 2008 で廃止されたデータベース エンジンの機能@MSDN そこでヌルデバイスを使用してバックアップを取得する方法で、切り捨てを試みる。BACKUP LOG DatabaseName TO DISK = ‘nul’
GOするとまた冷たい返事。現在、データベースのバックアップが存在しないので、BACKUP LOG を実行できません。2008では過去にフルバックアップを取得しておかないと、ランザクションのバックアップが取得できないことを忘れてた。てなわけで、まずはデータベースのフルバックアップを取得して、BACKUP DATABASE DatabaseName TO DISK = ‘nul’
GOもう一度トランザクションのバックアップをして、やっと切り捨てれた。最初から単純にしておけばよかった・・・。